飽き性の頭の中

働きながら大学院に通うことは可能か - 社会人学生の難しさと留意点

働きながら大学院に通うことは可能か - 社会人学生の難しさと留意点

tawachan
tawachan

こんにちは、たわです。今回は、大学院受験を考えている社会人の方から寄せられた質問に答える形で、働きながら大学院に通うことの可能性と難しさについて話していきたいと思います。

質問内容

質問者の方は、次のように尋ねています。

こんにちは。大学院受験を考えているのですが、働きながら学校に通うことは可能なのでしょうか?

私の経験から

まず、私自身の経験からお話しすると、私は社会人経験を経て大学院に進学しましたが、実質的にはフルタイムの学生として、この4ヶ月間を過ごしました。

当初は、バイトのように週1〜2日程度の業務委託の仕事をしながら、大学院に通えるのではないかと考えていました。しかし、結果的に大学院の勉強だけで手一杯で、そのような余裕はありませんでした。

したがって、働きながら大学院に通うことは可能ではあるものの、実際にはかなりの困難が伴うのではないかと個人的には思います。

社会人学生の形態と専攻による違い

ただし、大学院によっては社会人枠があり、特別な配慮がなされている場合もあります。また、個人の要領の良さによっても、働きながら通えるかどうかは変わってくるでしょう。

さらに、専攻分野によっても状況は異なります。たとえば、MBAやジャーナリズム、法律関係など、仕事に直接関連する専門職系の大学院であれば、働きながら通うことがより一般的だと思われます。

一方、私の専攻である政治哲学・政治思想のような、実際の仕事と直接リンクしない分野では、働きながら通うことはより難しいかもしれません。

まとめ

働きながら大学院に通うことは可能ではありますが、かなりの難しさが伴うのが現実です。

社会人学生として大学院に進学する際は、次の点を考慮する必要があります。

  1. 自分の専攻分野と仕事との関連性
  2. 大学院側の社会人学生に対する配慮
  3. 個人の要領の良さと時間管理能力

自分の状況をよく見極め、無理のないプランを立てることが肝要です。仕事と学業の両立は簡単ではありませんが、適切な準備と心構えがあれば、実現できないことではありません。

この記事が、働きながら大学院進学を考えている方の参考になれば幸いです。もし他に社会人学生としての経験やアドバイスがある方は、ぜひコメント欄で共有していただけると嬉しいです。

関連記事