飽き性の頭の中

修士課程に進む20代後半の雑記ブログ

【寿司食べ放題】雛鮨 西銀座店に行ってきた

f:id:tawachan39:20210922094732j:plain

こんにちは、だいぶブログの更新が滞っておりました。今回は年甲斐もなく寿司食べ放題に行った時の話です。

30歳も目前になってくると、食べ放題よりも質の良いものを少量という方向性にシフトするのがおおよそだよなとインスタの投稿を見て感じているのですが、依然として「食べ放題」という言葉につられて行って参りました。

雛鮨 西銀座店

f:id:tawachan39:20210922091632j:plain

今回お邪魔したのは、銀座駅からすぐのところにある雛鮨というお店です。他にもいくつか店舗があるようです。

tabelog.com

時間をずらせば並ばないだろうと週末の15:00ごろ伺ったら全然空いておりました。前日までであれば食べログから予約できるみたいなのでそれをしたほうが無難でしょう。

元々は、「築地玉寿司 コア銀座店」を目当てに繰り出していた(こちらは予約不可)のですが、臨時休業中だったということでの急遽変更したのでした。

食べ放題プラン

f:id:tawachan39:20210922092746j:plain
入り口

食べ放題プランは、1人4,389円(税込)で、寿司・軍艦に加えて味噌汁と茶碗蒸しがあります。その他ドリンク等は別料金となるようです。

寿司ネタは定番のものに加えて、季節のものが時期によって色々あるようでした。

時間は2時間制でラストオーダーは30分前までです。

注文方法

注文の仕方は紙に個数を書いて渡すという方式だったので、焦らずじっくり選べるのは良いと思いました。

注文個数は1回あたり20貫までです。おそらくテーブル単位なので人数多めで行くと1回あたりの1人の貫数が少なくなることが少し注意が必要なのかもしれません。2人で行った感じでは特にそこに物足りなさは感じませんでした(1人10貫あれば十分すぎる)。

提供時間は体感5分から10分という感じだったと思いますが、他の方の注文状況との兼ね合いで揺れがあるようにも思いました。

自分の場合、1回目の注文のお寿司を頂いている最中に2回目の注文をしたのですが、この注文分が寝ても覚めても全然来ませんでした。結果、全て食べ終わった状態で10分くらい経ったように思います。

多少食べた状態で待ち時間があると、満腹になってしまう...などという懸念から、3回目の注文を2回目の寿司がようやく届いた瞬間に渡したら、こちらはものの数分で来てしまいました。それならこんなに焦って注文することなかったな...と。

なので、運もだいぶあるかと思いますが、90分間は注文できるので焦らず食べたいものを食べれば十分だと思いました。

肝心の寿司

食べ放題といえど寿司の質がどうだったのか。自分がグルメではないので細かいことはわかりませんが、十分に美味しい寿司だったと思います。

1回目

f:id:tawachan39:20210922092809j:plain
1回目の寿司

回転寿司のマグロとかは美味しくないので好きではないのですが、ここのは赤身も中とろもちゃんとマグロだったので満足でした(描写が雑すぎる)。

後は貝類が好きなのであるものを一通り頼んでみました。どれも肉厚で良かったです。

2回目

f:id:tawachan39:20210922093208j:plain
2回目の寿司

2回目は少し脂の乗っていそうなものを多めに。うにといくらもここで頼みました。

うには美味しいのではあるのですが、若干磯臭さが強いというか癖のある感じではありました。

いくらは小粒のものだったので鮭の卵ではないんでしょうか。可もなく不可もなくという印象です。

f:id:tawachan39:20210922093424j:plain:w400
うにいくらアップ

3回目

2回目が遅くて焦りで注文した結果直ぐに到着。2回目分を食べ終わる気配すらないままに3回目も突入しました。

f:id:tawachan39:20210922093739j:plain
3回目の寿司

残りの気になるものに加えて、美味しかったものを注文しました。

焦って注文した結果、お腹との相談がうまく行っておらず最後は若干の苦戦を強いられることになりました。笑

相手があまり食べるタイプではなかったので、自分が各回の寿司の半分以上を食べていたはずであり、雑に数えた感じ、39貫ほどで着地しました。

感想

食べ放題のお寿司という意味ではとても満足でした。魚は特に美味しいし、色んな種類を食べられるのでとても楽しいと思いました。

ただ普通の人以上に結構量を食べられる人でなければ、普通にランチ寿司と好みの寿司を個別注文しても十分なのかなとも少し思いました。

とはいえ、好きなだけ食べていい、という安心感自体が楽しかったりもするのでなんとも言い切れないところでもあります...(この感覚は若いうちに捨てたほうが良い気がとてもしているけど難しい)。

以上、雑なレポートでした。