blog.tawa.me

東京から福岡移住したWebエンジニアと時たま福岡出身の建築士が発信していくブログです

【福岡市へ移住】福岡市に住むなら徒歩圏内!〜近場に住んだほうがいい理由とおすすめ場所〜

f:id:tawachan39:20191006131746p:plain

こんにちは、たわです!

福岡市の移住シリーズということで移住に関する情報を書いています。

今回は、住む場所についてです。

東京であれば、家賃を下げるために少し遠いところを選んだり、路線的に便利なところを探したりする人も多いと思います。

ですが、福岡市では中心地に住んで、色んなところに徒歩で行けるようにするのが断然おすすめです!!!!

今僕はギリギリ徒歩圏内、というあたりに住んでいるのですが、近いほうが確実に便利だと思うのでおすすめのエリアとポイントをまとめてみました。

住むなら徒歩圏内!

徒歩圏内のおすすめポイントを書いていきます!

徒歩圏内になんでもある体験が良い

福岡市はコンパクトシティと言われています。福岡市では博多と天神(下の地図では、博多区と中央区あたり)がメインのエリアです。

f:id:tawachan39:20191009151036j:plain
福岡市すべての区の地図

そしてこの2つのエリアの間を含めた直径2kmくらいの場所が福岡市の中心です。

ショッピングから仕事、住むところまでこのエリアで完結させるととても便利です...!

いちいち遠出しなくても仕事に行けて、美味しいものが食べれて、必要なものが買えるのが最高です。

今まで移動に本当に(無駄な)多くの時間を使っていたんだなと思いました。

家賃は意外と高くない

東京都かと比べると、中心地でも家賃はそんなに高くはありません。六本木とか恵比寿など常人には手が届かない...といったことは全くありません。

家賃は一人暮らしで住む1Kとかですとだいたいどこでも高くて5万円前後になるかと思います。築年数とかをこだわらなければもう少し下げられるはずです。

一人で広めに1LDKにしても8万円ほどで、東京で1Kで住むよりも安くなることが結構あります。

なので、家賃を抑えるために電車で少し離れにしなくてもやっていけることが多いと思います。

お金が許すのであれば、移動に時間をかけずコンパクトシティライフを送るほうが楽しめると思います。

終電・終バスを気にしなくて良くなる

f:id:tawachan39:20191005102901p:plain

東京に住んでいると、飲みに行っているときに終電を気にすることが多いと思います。つい終電を逃してしまうと万単位のタクシー代を払うなんて人もいると思います。

福岡市では、タクシーで帰っても数千円という人が多いと思いますが、徒歩圏内であればそれすらも気にしなくて良くなります。

いい雰囲気のゆったりと食事とお酒を楽しめるお店も多いので、自然と夜まで飲み明かしたくなることも多くなるかもしれません。

福岡市は徒歩圏内に住んでいる人も多いので、お酒が好きな人は気にせずゆっくり行ける状態のほうが福岡の良さを余すことなく体験できると思います。

徒歩圏内おすすめエリア

それでは、徒歩圏内のおすすめエリアを3つ紹介します。博多・天神エリアの拡大図です。

f:id:tawachan39:20191009151148j:plain
横全部で3kmくらいの縮尺です。とてもコンパクトです。

どこも博多駅、天神駅に近く便利なのですが、それぞれの特徴を書いていきます。

清川

f:id:tawachan39:20191010205758j:plain

住吉・春吉よりも少しさらに南に行ったエリアです。

1Kで45,000円ほど、1LDKで65,000円前後

薬院が近い

少し中心地からは離れ気味ですが、薬院というオシャレなカフェやお店が立ち並ぶエリアが近くなります。

カフェを開拓したり、隠れ家的なお店を探してみたいという方には丁度いい立地だと思います。

スーパーが近い

f:id:tawachan39:20191010205847p:plain

また、サニーというスーパーがあるので買い物にも困りません。

住吉通りに面している

f:id:tawachan39:20191005103319p:plain
住吉通り

これは住吉と同じですが、住吉通りに面しているので、天神に近いエリアですが博多にもバスで行きやすい場所になっています。

住吉・春吉

f:id:tawachan39:20191010201248p:plain

中心地の南側のエリアです。天神から近く、天神側に生活圏を置きたい人はよりおすすめの地域です。

1Kで45,000円ほど、1LDKで70,000円前後のようです。

春吉の北側は中洲が近い

春吉の北側は風俗街がある中洲が近くにあります。

夜で歩く人は近くて良いかもしれないですが、そうではない人には騒がしくて大変なので避けたほうが良いかもしれません。

春吉の南側か住吉のあたりが、騒がしさも少なく住みやすいエリアだと思います。

大きな通りが近い

f:id:tawachan39:20191005103238p:plain
住吉通り

天神に通じる渡辺通りと、博多に通じる住吉通りが近くにあります。

大きな通りにはバスが通っているので、移動の手段が増えることになります。

電車を使わずにバスで、博多と天神に行き来しやすい場所にもなるのでおすすめです。

祇園・中洲川端

中心地の北東側のエリアです。

1Kで50,000円前後、1LDKで75,000円前後です。

博多駅が近い

f:id:tawachan39:20191005102611p:plain
博多駅の様子
祇園駅は博多駅から地下鉄空港線で1駅のところにあります。歩いても行ける距離です。

なので、博多駅周辺が勤務先であればかなり便利な場所です。

商店が近くお店が多い

f:id:tawachan39:20191010201018p:plain
中洲川端商店街

また、中洲川端駅は博多から2駅のところなのですが、商店街があります。

美味しい福岡のごはん屋さんには事欠かないエリアなので住む場所としても最適だと思います。

やっぱり近くに多くのご飯屋さんがあると、飽きずにいろんな福岡飯が堪能できるのでおすすめです。

僕は職場がこのあたりなのでランチで愛用しているお店がたくさんあります。

まとめ

福岡市に住むのであれば、徒歩圏内がとても便利です。中心地でありながら住みやすい場所も多いです。

さらに人口も増加傾向にあるので新しいマンションも増えてきていて、部屋は新しいものも全然空いている状態だと思います。

新築だけれどお手頃な家賃という場所も多いと思います。僕は新築直後で部屋が埋まらなかったので家賃が5000円引きされているところで入居しました。

移住はやはり住む場所によっても大きく印象が変わると思います。福岡の生活を満喫しやすい、いい物件を見つけて良い移住に繋がればなと思っております。