飽き性の頭の中
【撮影記録】鴨川シーワールドに行ってきた。―水槽のお魚編のサムネイル

【撮影記録】鴨川シーワールドに行ってきた。―水槽のお魚編

2016-03-13
# 撮影記録

こんにちは。

今回は、念願の鴨川シーワールドに行ってきたので、その時の写真を載せていきます。

20160313011239.jpg

鴨川シーワールドに関しては、2弾に分けてお届けします。まずここでは、水槽にいるお魚たちを中心に紹介していきます。

そして、次の記事では、ショー(ベルーガ・イルカ・シャチ)の写真について書きます。

鴨川シーワールドは、千葉県・鴨川にある水族館です。ショーが充実した水族館として有名だと思います。中でもシャチのショーを行っている水族館は日本にほとんどなく、関東ではここでしか見られません。

イカ

20160313013937.jpg

(Canon EOS M   f/3.2   1/100   40 mm   ISO 2500)

ゆらゆら漂っている姿が愛らしく、お気に入りです。

澄んだ綺麗さ。イソギンチャク?

20160313014057.jpg

(Canon EOS 8000D   f/4   1/40   50 mm   ISO 400)

なんだったか忘れました。でも、とても澄んだピンク色をしていて綺麗ですね。

数々のクラゲたち

たくさんの種類のクラゲがいます。幻想的ですらあるので、ついたくさんシャッターを切ってしまいます。

20160313014330.jpg

(Canon EOS 8000D   f/2.8   1/60   50 mm   ISO 4000)

20160313014505.jpg

(Canon EOS 8000D   f/4   1/100   50 mm   ISO 100)

透明感のあるクラゲも。

20160313014538.jpg

(Canon EOS 8000D   f/2   1/100   50 mm   ISO 1250)

デカくて長いビロビロがついたクラゲも居ます。なかなかに気持ち悪い。

20160313014616.jpg

(Canon EOS 8000D   f/2   1/100   50 mm   ISO 500)

アップで見るとかなりグロテスクですね。

圧倒的夫婦感

20160313014757.jpg

(Canon EOS 8000D   f/4   1/25   50 mm   ISO 1250)

もう長年の夫婦のような安定感を感じます。

ウミガメの赤ちゃん

20160313014854.jpg

(Canon EOS 8000D   f/3.5   1/100   50 mm   ISO 1000)

リクガメよりもウミガメのほうが可愛さがあるような気がします。

鴨川シーワールドでは、赤ちゃんウミガメの保護をしているのか、親ガメがいるゾーンと赤ちゃんカメがいるゾーンが別で存在します。緑がかったライティングで、赤ちゃんウミガメを撮るにはかなりおすすめです。明るい空間なので、一緒に写真を撮ることもできます!

ニモがたくさん!

20160313015143.jpg

(Canon EOS 8000D   f/5   1/80   50 mm   ISO 2500)

ファインディング・ニモのモデルとなったカクレクマノミです。一匹一匹は可愛いはずですが、ここまで密集されると何か別のものを感じます。

20160313015259.jpg

(Canon EOS M   f/2.8   1/50   40 mm   ISO 400)

隅っこの方では、こんな様子です。怖い。

ショーの写真は次の記事で!

次の記事で、ベルーガ・イルカ・シャチの各ショーの写真を紹介します。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM



©2022 tawachan All Rights Reserved.