blog.tawa.me

東京から福岡移住したWebエンジニアと時たま福岡出身の建築士が発信していくブログです

【現役建築士】建築業界のキャリアや実状をまとめます〜ハウスメーカー、設計事務所

f:id:tawachan39:20191015232340j:plain

こんにちは、あすかです!

今回は、私が建築業界で働いて思っていることや実状を書いていきます。

私のキャリアの考え方や実際に経験した状況をもとに書くので、建築業界で働きたい学生さんなどの参考になればと思っています!

建築士・あすかについて

まず、簡単に私の状況について説明します。

大学の建築系の学科を卒業して、新卒で地場のハウスメーカーに就職して2年間働きました。

その後、そのハウスメーカーを辞めて、設計事務所に転職しました。つまり、建築業界で3年ほど働いていて、会社は2社目になります。

1社目:地場のハウスメーカー

ここからは会社ごとに実状と思ったことをまとめていきます。

最初は、福岡のハウスメーカーで働いていました。

労働条件

労働条件はこんな感じでした。

休日

私が働いていたハウスメーカーの休日は、

  • 休日は基本的に週1
  • それに加えて、自由に2日

が1ヶ月に取れることになっていました。

ですが、GWや盆など長期休みがあれば自由に取れる2日はありませんでした。

なので、連休が合っても本来あった2日の自由休みと相殺されるのであまり休日の数は変わりません。

ざっくり数字にすると、年間休日80日くらいだったかと思います。

勤務時間

出社時間

朝はこんな感じでした。

時間 内容
8:00くらい 出社
8:15 オフィス掃除
8:30 朝礼
9:00 業務開始

本当に朝が早い!!

現場にいる大工さんはそれより前に作業を開始していました。

私は現場管理を専属ではやらなかったのでなかったですが、現場管理を主にやっていた人はさらに早く出社していました。

終業時間

就業規則的には、退社時間は18:00でした。

入社当初はまだ最初なのもあって帰りが定時くらいの時間でした。なので、2級建築士の勉強をしてなんとか取得できました。

ですが...2年目くらいからは平均で20:00から21:00くらいが続く日々でした。遅いときは日付が変わりそうなこともありました。

仕事に対して人が少ないのでいつでも忙しいという感じでした。

給料

勤務時間は長くなりがちだったのですが、あまり給料が良かったわけでもありません。

残業代は元々給料に含まれていたので、定時以降まで働く必要があったとしても給料は変わりませんでした。

多くない給料の上に、実質週6で働いていたので、時間給に換算すると最低賃金以下だったかもしれません...。

因みにボーナスというものもありましたが、2年間ずっとお小遣い程度のものが一応ある程度でした。

思ったこと

労働条件は良くない

私だけでなく働いていたスタッフがみんな労働時間が長めで、給料も高くはありませんでした。

この点は悪く、所謂ブラック企業だったと思います。

経験できることは多かった

ですが、小さい会社だったので若いうちから色々な仕事を経験できました(せざるを得ない)。

さらに、先輩や上司にもすぐに聞きに行ける環境だったので、経験を積めてスキルアップにはつながったと思います。

私は2年間で、

  • 住宅の設計・積算
  • 現場管理
  • インテリアコーディネート
  • お客さんとの打ち合わせ
  • リノベーション前の住宅診断
  • その他事務作業等

本当になんでもやりました。

特に、現場を見に行ける機会があると職人さんとお話しできる機会ができるのでそれがとっても勉強になるし楽しかったです!

こういった状況だったので、経験のスピードは他の会社に行くよりも速かったはずです。

住宅以外に興味が湧いた

大学を卒業して新卒でこのハウスメーカーに就職した当初は、規模の小さい住宅での設計やコーディネートをしたいという思いがありました。

ですが、それ以外にも本当に色々な仕事を経験して、どうせならRC造やS造の他の種類の建物のことも知りたいと思うようになりました。

これをハウスメーカーで働きながら実現することが難しかったので、設計事務所に転職を決めました。

2社目:設計事務所

2社目はアトリエ系の設計事務所です。

スタッフは

  • 所長
  • 男性スタッフ

の合計3人のみの本当に小さな事務所です。

労働条件

休日

ハウスメーカーとは違い、土日祝日休みです。

打ち合わせとかが週末にあれば出勤である場合もありますが、基本的には休みです。

同じアトリエ系でも平日勤務・週末休みじゃないところもあると思いますが、私が働いているところはこんな感じです。

勤務時間

勤務時間は、9:00出社で終業は18:00という事になっています。

私は実際に、18:30〜19:00くらいの間に退社しています。

コンペや大きなプロジェクトで切羽詰まったら21:00とか22:00くらいになることもありますが、本当にたまにしかありません。

給料

次は給料です。まず、前職より給料が良くなりました。

週5勤務で普通の勤務時間になったにも関わらず月額もらえる給料自体は増えました!

時給換算するととても大きな変化でした...!

ただ、すごく小さく決まった制度があるわけではないので、現状どれだけ勤めてスキルが上がっても月給が上がることは無さそうです...。

思ったこと

やりたいことができている

設計事務所の場合は、住宅だけでなくビルや店舗の設計もします。

木造の部分はハウスメーカーで得た知識を使いながら、RC造(鉄筋コンクリート造)やS造(鉄骨造)については勉強しながらやっています。

RC造やS造をやりたくて転職したので、ちゃんとやれているので満足しています。

現場があまり見れないのが残念

設計事務所での基本的な業務はCADで図面を描いたり、デザインすることです。

ハウスメーカーでは家を建てるために必要な工程を幅広くやっていましたが、設計事務所では設計の比重が大きいです。

設計に集中できるところが良いのですが、実際に施工されたものを見る機会が減りました。

図面だけではなく実物を見たほうがわかることも多いので、少し残念だなと思っています。

別のスキルが必要

設計が多いのですが、その他に、確認申請や模型製作などの業務があります。 意外と幅広いスキルが求められると思いました。

経験などを踏まえて

私は建築学科出身なので、大学時代の友達は建築業界に就職する人から話を聞くこともあります。

ここまで書いてきた私の経験談や、友達から聞いた話を踏まえて考えたことを少し書きます。

ハウスメーカーは労働環境が悪くなりがち

地場のハウスメーカーや工務店だと苦しい環境になることが多いようです。

私のように労働時間が長かったり、給料が安かったりと苦労する話をよく聞きます。

設計事務所は色々

設計事務所の場合は、給料が月10万円ほどと同じく苦しい状況になることもあるようです。

ですが、私が働いている事務所は、ゼネコンや大手ハウスメーカーに就職した友達とあまり変わらないようでした(ボーナスは大企業に行ったほうがよさそう)。

なので、そんなに悪くない設計事務所もあると言えると思います。

やりたい職種が決まっている人は大手企業

大手の企業は新人教育がしっかりしていて研修も多いようです。また、同じ部署でじっくり経験を積んでいくキャリア形成となります。

現場監督や積算、設備設計など特定の分野を深めたいと思っている人は、大手企業の部署に入るほうがいい経験が積めると思います。

独立したい人ややりたい職種が決まっていない人は小さい会社

一方でやりたいことが決まっていない人は、職種問わず幅広く経験が積める小さめの会社のほうが合うと思います。独立したいと思っている人も、小さい会社のほうが適しているはずです。

早めに独立するには、早く色々な経験を積むことが大事なので、私のように小さめの会社に行ったほうが良いと思います。

まとめ

私は働きながら新たな気付きがあり、それに合わせてキャリアを変えています。まだ3年目なのでこれからも変わっていくと思います。

働く場所を選ぶ際は、みなさんも労働条件や得られるスキルのバランスなどを自分の描くキャリアを照らし合わせて決めてみてください。

私の経験が、建築業界の方や目指している方の参考に少しでもなれば嬉しいです。質問などあればぜひコメント欄にコメントをお願いします!