飽き性の頭の中

今は福岡でWeb開発をしている26歳。単なる文字の記録。

心の声

心の声を書きます。最近考えていることをなんとなく書きます。

過去の出来事(歴史)がようやく等身大に見れるようになってきた気がする話

こんにちは、たわです。今回は歴史に関する本や当時の人が書いた本を読みながら考えたことを書きます。 歴史上の出来事はなにか別世界のことのように感じていた 過去も現代も大して変わらない 国家はなぜ衰退するのか 権力・繁栄・貧困の起源 学問芸術論 歴…

コロナで外出自粛中なので、歴史書を読んで現代にタイムスリップした気分になるエンターテインメントはいかがでしょうか?

こんにちは、たわです。今回は、ふと思いついたことをそのまま書きます。 最近なんか、ふと感じたことだから忘れるのももったいないのでとりあえず書いてしまっている系の内容が多い気もしますが、そういう趣旨のブログなので許してください。 blog.tawachan…

COVID-19が世界で大流行し歴史に残る大事であることは理解できるが偶然実感が持ちづらい状況であることについて

こんにちは、たわです。今回は今の所感についてです。 今コロナウイルスの発症者が日本でも増え始め、他の国と同じようにロックダウンをするのかしないのかという話になっているような状況でしょうか。 【襲来!新型コロナウイルス】「首都封鎖」Xデー秒読…

この世界はどこまで行っても自分の周りの延長なのだとなぜ誰も教えてくれなかったのか

この世界はどこまで行っても自分の周りの延長なのだとなぜ誰も教えてくれなかったのか 最近、どういうわけかそう思うようになってきた。何を見てもそう感じる。例えば、歴史を見てもそうだ。COVID-19に対する各国の対応を見てもそうだ。 今までは、そうした…

僕は思考や感情を言葉じゃないと表現できないんだと思う【言語化至上主義】

2019年6月11日に書いたものの再掲です 僕は思考や感情の表現に関して言語化至上主義である|たわ|note 僕は言語化至上主義なのかもしれません。 僕の知り合いだったら、何を今更と突っ込んでくるのかもしれませんが、今回は今更そんなふうに感じる機会があ…

僕にとっては、非日常的非日常より日常的非日常のほうが幸福度が高いと感じた話

先日沖縄に旅行に行ってきた。ちょっと早い所謂バカンスという感じ。 束の間の休息というか、ちょっとした休みにバカンスを楽しむのは悪くはないのだが、それと同時にモヤモヤとした感情があった。 今回沖縄いって楽しかったけれど、一番感じたのは、非日常…

僕はようやく歴史上の偉人にも親近感が湧き思いが馳せられるようになった気がする

歴史に全く興味がなかった。全くと言っていいほどに。 過去の事実の羅列でしょというくらいにしか思っていなかった。いや、記述された段階で誰かの主観が入り客観的に事実とは厳密には異なるからどうとかいう話はとりあえず置いておく。 ここで重要なのは興…

『人生は選択の連続』と言うけれど。

とある日にドライブに行ったときのことです。そんなときにふと思った話を書きます。 突然ではありますが、『人生は選択の連続』と言われることがままあると思います。ちょっと胡散臭い話な感じもありますが、経済学的に考えても人間はあらゆる判断に基づき日…

平日に毎朝一喜一憂することが時間の無駄でどうにかしたいと思ったので

こんにちは、たわです。2020年3月16日の朝です。新型コロナウイルスの世界的な流行により経済情勢がどうなっていくのか雲行きが怪しい毎日です。 アメリカのFRBも金利を緊急で1%引き下げたということでいよいよ大事になりそうという雰囲気がありつつも、世界…

全く新しいものを覚えることが苦手になっている気がする話

高校生の時、初めて英語を活用したと思われる時の写真 こんにちは、たわです。久しぶりに英語の勉強をしていて思うことを簡単に書き綴っておきます。 英語の勉強というのも大学院の入試には英語の試験がつきものなので久しぶりにやり直しているという次第で…

心の声を文字にしておこうと思いまして

こんにちは、たわです。今回は最近考えていることを文字にして、どういう状況なのかを書いておこうかと思います。 このブログでは何かしらの経験や学んだことを簡単にまとめていて、自分そのものについてはあまり書く感じではありません。 ですが、「ブロガ…

ブロガーとは名乗りたくないがそれでもブログを書く理由

こんにちは、たわです。今回は僕がブログを書く理由について書きます。 昨今ブロガーというとアフィリエイト目的の胡散臭い情報を垂れ流す何かというイメージが一部でついてしまい、だいぶスティグマ化されている節があります。ちょうどnoteの利用規約変更あ…

環境を変えて当たり前水準を上げることが成長への近道だと思う

こんにちは、たわです。たまには自分の考え方について書いてみようと思います。 ということで、今回は、勉強とか何か努力をしようとするときに自分が今までの人生でやってきたことについてまとめます。 僕の心配性な人生 高校受験は「蛍雪の功」をイメージ …

大学院に進学すべきか。社会人4年目の僕は意義を感じたので院進したくなっている話。

こんにちは、たわです。今回は大学院の話です。 4年前、学部生時代に大学院に行こうか悩みました。色々考えた結果、そのときは進学しませんでした。 ですが、そろそろ大学院に行っても良いのかなと思っているので、その考えをまとめておきます。 大学院に行…

『コスパの良い生き方』言説の胡散臭さを淡々と書く〜地方移住・エンジニア転職・フリーランス

コスパの良い生き方というものを主張する人がこのご時世多い気がしています。 そうした人たちのキーワードとしては、 地方移住 エンジニア転職 フリーランス(脱会社員) などなどが出てくると思うのですが、なんか全部当てはまるんですよね...。 別に僕はコ…

僕はもう東京のサラリーマンには戻れないと思う〜大企業から逃げて生きる道を見つけました

こんにちは、たわです。今回は自分の話を書こうと思います。 僕は新卒でとある大企業に入社して、2年前まで東京ででサラリーマンをしていました。 それから2年経った今、これで良かったと思う反面少しもやもやする部分があるのも事実なので、その正直な気持…

キレイごとは所詮キレイごとなんだけれども、誰かが語らないと結局何も変わらないと思う。

今回は【キレイごと】についてです。最後まで読み流してもらえたら嬉しいです。 キレイごとを言いがちな僕 キレイごとは嫌われがち 事実を目の当たりに 理想と現実の狭間 現実を受容する 理想を追求する だからキレイごとを言い続ける キレイごとたち キレイ…

電車で座り込んだおじさんは変なおじさんではなかった?|身勝手で一方的な見方を反省した話

ある朝、満員電車の憂鬱で 平日の朝。いつも通り少し寝坊し、憂鬱な満員電車に駆け込もうとする。 乗り込もうとした車両には人が少なく、「今日はラッキー!」と思いながら、車両に足を踏み入れました。 すると、そこにはなぜか混みあう車内に座り込む1人の…

【至福の休日】読書しながらの寝落ちを繰り返すのが至高だと思う

お題「ひとりの時間の過ごし方」 今回は、お題にあった【ひとりの時間の過ごし方】について書きます。 読書しながらの寝落ち 寝落ちを繰り返せる幸せ 哲学をしながら時間を浪費する まとめ 読書しながらの寝落ち 僕は読書が好きです。ですが、机に向かうのは…